栄え塾について About Us

栄え塾 代表理事 鈴木 栄治

塾長挨拶

一般社団法人地域創生サポート協会・栄え塾は地域資源や観光とリンク出来る農商工連携、6次産業化の推進、生活便利の商店街、地場産業の活性化に精通した専門家集団として、自治体、支援機関、金融機関、NPO、各種団体と連携して地方創生に取り組んでおります。企業は、環境、安心・安全、偽装問題など、社会的責任が厳しく問われ、損得優先から、善悪優先を大切にする、倫理感や、心遣い、信頼構築が必要です。
当社は支援にあたり、強い使命感、情熱、志を持って、諸々の課題に取り組み、独創性、新規性、付加価値創出の事業プラン、それらに適合する、販路開拓先をマッチング出来る実践のネットワーク力とコーディネート力兼ね備えたコンサル企業を目指します。

地方創生の支援は地域資源や観光とリンク出来る農商工連携、6次産業化の推進で地域の活性化を図りますが、大型店ではできない、生活便利・サービス重視の商店街、企業のソリューション対応に、コーディネート力を駆使して、自治体、支援機関、金融機関、各種団体と連携してまちづくり支援に取り組むことも重要と考えています。
専門家に課せられている支援業務は大きく分けて3つあります。
1つ目は経営企業力をどう高めていくか、事業性、新規性、優秀性、市場性の検証です。
2つ目はマーケッティングによる、商品ブラッシュアップと事業戦略プランの構築です。
3つ目は自治体、金融・支援機関と連動し、マーケッティングに基づく販路開拓強化です。
「売れるものを作る」という体制づくりは、依頼企業、支援組織、専門家の思いが一体になる、連携体制構築に掛かっています。

一般社団法人 地方創生サポート協会・栄え塾 代表理事
鈴木 栄治

概要

法人名 一般社団法人地方創生サポート協会・栄え塾
代表理事 ​​鈴木 栄治
所在地 〒101-0047 
東京都千代田区内神田2丁目3-14 平澤ビル4F
電話番号 090-4838-5126(直通) 代表理事 鈴木栄治
080-1246-7759(直通) 事務局長 金谷貴生
FAX番号 03-6759-1872
メールアドレス info@sakaejuku.jp
パンフレット こちらよりダウンロードいただけます
事業内容

◆栄え塾が目指す3つの取り組み
(1) 地域活性化支援に向けて、観光と農商工連携、6次産業化の知識を持つ専門家を育成し、地方の価値を高める支援とお仕事チャンスを推進します。
(2) 行政の受け皿として地方創生を担える民間支援機関を目指し、業務サポートを担える実践支援機関の役割を果たします。
(3) 市街地活性化、まちづくり支援に向けて、暮らし・にぎわい、地域資源や観光とリンク出来る農商工連携、6次産業化の推進、生活便利の商店街、地場産業の活性化再生事業の各種支援を行います。

◆当法人の会員
(1) コンサルタント会員
地域支援活動を実践し、積極的に当会の支援事業に関わる個人又は団体。
(2) 事業パートナー会員
本会の活動に参画、学習・研鑽に励み、支援専門家を目指す個人又は団体。
(3) 法人会員
当会の活動に賛同し、地方創生サポート事業活動で連携等を希望する法人。

◆4つの委員会活動
(1) 公募事業委員会
・年度の各省庁、県、市町村、公的機関の公募内容を調査し、補助金の獲得や支援チャンスを繋げる作業に取り組みます。
・各省庁、地方自治体、公的機関の専門家認定に向けての訪問と情報交流を図ります。
(2) IT・広報活動委員会
・栄え塾の活動やコンサル支援においてITをどのように活用していけば良いかの提案。
・事業紹介、パンフレット、HP作成、広報活動方法、活動通信の発行、IT研修、その他の活動に取り組みます。
(3) 研修活動委員会
・栄え塾の民間資格の取り組み、公募研修受託とそれに伴う研修教材を作成します。
・栄え塾例会における定例の研修会を開催します。(テーマ、講師、スケジュールなど)。
・支援先との講演会、研修会の働きかけ、出版、著作活動などに取り組みます。
(4) 販路開拓委員会
・6次化商品、農商工連携事業の新商品開発、販路開拓を積極的に支援します。
・海外市場、新規開拓チャネル、展示会出展などの活動を推進、支援します。
・商品ブラッシュアップ、販促活動、パンフレット、デザインなどを作成します。

支援業務

当会に所属する多彩な専門家が下記の業務に関して直接、又は6次産業化サポートセンター、ミラサポなどの公的支援機関の派遣で支援致します。

・講演、研修講師派遣、食プロ講座、各種研修企画のご提案、作成。 
・マーケティング、ブランディング、商品開発、販路開拓、知財、デザイン、6次産業化・農商工連携、売上拡大、観光・まちおこし、各種イベント、催事企画、講演・企業内セミナーの企画、講師、コストカット、人材育成研修、ISO関連、GAP、HACCPなどの支援、指導。キャッシュフローの改善サポート、ローコストマネジメント体制の構築。財務、経営分析、その他、地方創生に関わる支援。

地方創生に関わる活動内容 (1) 商品開発、事業計画、市場調査などの企画・支援に関する業務 
(2) セミナー研修会、イベントの企画・運営、教育研修の業務 
(3) マーケティング、販路開拓、販売促進に関する業務と支援・指導 
(4) まちづくり、観光、コミュニティ、地域活性化に関するコンサル業務 
(5) 道の駅、直売所、飲食店、食品店の営業支援、経営指導 
(6) 著書・刊行物出版及びビデオソフト・ビデオ出版物の製作・販売 
(7) 広報活動・HP、チラシ、カタログ、ミニコミ誌、等の作成、運営支援 
(8) 各種催事、イベント、観光ビジネスなどの企画運営、支援 
(9) 専門家資格付与講座の運営と専門家資格の認定付与業務、その他
講演・研修テーマ (1) 経営革新計画の進め方と成功事例 
(2) 商店街再生と街おこし活性化の取組み 
(3) マーケッティング手法と販売戦略 
(4) 無印良品誕生秘話と成功の秘密 
(5) バイヤーが望むセールスのありかた 
(6) バイヤーはこんな商品を求めている 
(7) 経営者の使命と危機管理対策 
(8) 部下が望む理想の管理者になるには 
(9) 流通が考えるPB商品開発の進め方 
(10) 地域活性化と一店逸品開発の取組 
(11) コミュニケーション術と話し方 
(12) 特産品開発の進め方と販路開拓 
(13) 農商工連携事業の進め方と成功事例 
(14) 部下が納得する評価制度と進め方 
(15) 農産業6次産業の取組みと成功事例 
(16) 最先端農業ビジネスと成功事例 
(17) 自己啓発セミナー感動を呼ぶ接客術 
(18) 活気ある、効率的な営業会議の進め方 
(19) 新入社員のビジネスルールとマナー 
(20) 経営者の使命と役割・ワンマンの功罪 
(21) 中堅社員を管理者に育てるセミナー 
(22) メーカーの販路開拓市場の取組み方 
(23) 農業経営と期待される就農者とは 
(24) 六次産業化と農商工連携事業を理解 
(25) 先端農業ビジネス事例と取組み方 
(26) 農産物の営業活動と売込み戦略 
(27) 成功する商談手法とマナーを学ぶ 
(28) 日本の市場・消費者・流通業界動向 
(29) 農業振興とリーダー育成の取組み 
(30) 海外市場開拓と地域ブランド戦略 
(31) 助成金と事業計画・申請書の書き方 
(32) 農業における中期経営計画の立て方 
(33) TPPの問題と地場産業の取組課題 
(34) グリーンツーリズムと観光農業の取組
講演・研修テーマ
(1) 経営革新計画の進め方と成功事例 
(3) マーケッティング手法と販売戦略 
(5) バイヤーが望むセールスのありかた 
(7) 経営者の使命と危機管理対策 
(9) 流通が考えるPB商品開発の進め方 
(11)コミュニケーション術と話し方 
(13) 農商工連携事業の進め方と成功事例 
(15) 農産業6次産業の取組みと成功事例 
(17) 自己啓発セミナー感動を呼ぶ接客術 
(19) 新入社員のビジネスルールとマナー 
(21) 中堅社員を管理者に育てるセミナー 
(23) 農業経営と期待される就農者とは 
(25) 先端農業ビジネス事例と取組み方 
(27) 成功する商談手法とマナーを学ぶ 
(29) 農業振興とリーダー育成の取組み 
(31) 助成金と事業計画・申請書の書き方 
(33) TPPの問題と地場産業の取組課題 
(2) 商店街再生と街おこし活性化の取組み 
(4) 無印良品誕生秘話と成功の秘密 
(6) バイヤーはこんな商品を求めている 
(8) 部下が望む理想の管理者になるには 
(10) 地域活性化と一店逸品開発の取組 
(12) 特産品開発の進め方と販路開拓 
(14) 部下が納得する評価制度と進め方 
(16) 最先端農業ビジネスと成功事例 
(18) 活気ある、効率的な営業会議の進め方 
(20) 経営者の使命と役割・ワンマンの功罪 
(22) メーカーの販路開拓市場の取組み方 
(24) 六次産業化と農商工連携事業を理解 
(26) 農産物の営業活動と売込み戦略 
(28) 日本の市場・消費者・流通業界動向 
(30) 海外市場開拓と地域ブランド戦略 
(32) 農業における中期経営計画の立て方 
(34) グリーンツーリズムと観光農業の取組
過去の主な講演先

◆商工会、商工会議所
八戸市、石岡市、今治市、新居浜市、四国中央市、八王子市、京都城陽市、京都綾部市、広島市、鳥取市、愛知県豊田市、古河市、つくば市、常総市、鹿児島市、千葉市、仙台市、昭島市、川越市、熊谷市、東松山市、松伏町、の各商工会、商工会議所

◆コンサルタント機関、公的支援機関、金融機関
日本経営士会、日本技術士会、沖縄県産業支援公社、埼玉県商工会連合会、しずおか産業創造機構、㈱宣伝会議、パソナ農林漁業塾、岐阜高山信用金庫、多摩信用金庫、常陽銀行、日本セールスレップ協会、日刊工業新聞社、(財)異業種交流協会宮崎県都城市地域振興センター、(社)セールスレップ協同組合、(社)日本販路コーディネータ協会、コンサル研究一木会、和歌山産業振興財団、全国中小企業団体中央会農商工連携事業人材育成研修、埼玉県地球温暖化防止活動推進センター、宮崎県農業振興公社、福島県創業塾、経営創研㈱、日本チェーンストア協会、日本能率協会、福島県中小企業団体中央会、青森県商工労働部、青森県地域産業課、産業能率大学、その他

◆製造業、流通業、農業関係、各種団体、組合、他
㈱フジゼロックス、NTT、富士通、㈱平和堂、丸和運輸機関、東京かりんと㈱、菓子問屋「よねひろ」協力会、雑貨卸㈱エスシー、全国乾麺組合、フランスベッド販売、CJジャパン、川越虎屋商事、ホンダ米菓、㈱丸広百貨店、・CGCカテマネ研究会、㈱丸水長野県水、栃木県洋蘭生産組合、愛知県茶業連合会、福島県農業販路開拓研修、秋田県商品開発研修、青森県就農者研修、群馬県就農者育成研修、岩手県被災求職者雇用・人材育成研修、千葉敬愛大学、長野県協同組合中央経友会、岩手県農業リーダー研修、奈良県農業リーダー研修、神奈川県労務安全衛生協会厚木支部、静岡県菊川茶業委員会、広島卸売団地組合、仙台市農商工連携事業、養鶏組合「智鶏会」、新潟県農業者研修、福島県建設業組合、山形県六次産業化、郡山市畜産園芸課、宮城県食料産業クラスター、福島県地域産業6次化ネットワーク交流会、福島県会津自然塾、パソナ農援隊、その他岡山卸協同組合青年部、秋田県臨海食品協同組合

シニアコンサルタント紹介

鈴木 栄治(すずき えいじ)

代表理事、栄え塾塾長。
大手流通業にて、バイヤー、食品開発部長を歴任。故郷銘品や無印良品企画に開発当初より関わる。現在、商業流通コンサルタントとして、27の公的支援機関の専門家に認定され、地方創生、六次産業、農商工連携事業、観光振興、まちづくり、特産品開発、販路開拓支援や人材育成研修、講演にて全国で活躍中。【売】【買】両面に精通しており、喋りにメリハリと切れがある、分かりやすい、時間が経つのが早いと好評。

・農林水産省、中央サポートセンター六次産業化プランナー
・国家段位・食の6次産業化プロデューサー・最高位レベル5&認定審査員
・中小企業庁ミラサポ認定専門家  ・食農連携コーディネータ、FACOバンク
・千葉県6次産業化プランナー・千葉県産業振興センター・長野中小企業振興センター
・埼玉県商工会連合会認定専門家・埼玉県商業活性化支援アドバイザー 
・群馬県商工会連合会専門家を含む、全国27都道府県の公的支援機関の認定専門家。
・一般社団法人観光文化研究会・観光コーディネータ、観光士
・一般社団法人販路コーディネータ協会・販路コーディネータ1級・セールスレップ1級

浅野 卓(あさの たかし)

知財ビジネスプロデューサー。

専門分野は、知財法・独禁法・契約実務を着実に押さえた知財経営・知財戦略、および 理論に裏打ちされたブランド構築、事業創出。特に農水分野では、地理的表示(GI)や、6次産業化・農商工連携等のプランニングを行う。産学官連携にも携わる。

知財戦略・ブランド戦略を組み込んだ地域活性化ビジネスモデルを多数構築。その実績から、知財分野初の6次産業化プランナー(農林水産省関東農政局選定。現・6次産業化中央サポートセンター登録)や、農林水産省国立研究開発法人審議会 専門委員を拝命。産業能率大学、大正大学、中小企業大学校等の非常勤講師、文部科学省大学COC事業 共同研究者(名古屋学院大学)を歴任。

『実践 知的財産法』(法律文化社)、『ビジュアル 知的財産マネジメント』(DTP出版社)、『JAグループ 地理的表示保護制度 活用マニュアル』(JA全中)の著書ほか、知財法や知財戦略、ブランド戦略、ならびに 農水知財、農水表示法(JAS、機能性表示等)、6次産業化に関する論文・講演多数。

片所 達則(かたしょ たつのり)

専門分野は、観光マーケティング。観光施設、宿泊業、交通事業者、旅行業、お土産品開発など、幅広い分野でマーケティング、プロモショーンの事業企画、販売促進、調査に精通。調査に基づいたマーケティングから戦略策定を中心に、自治体、観光協会等の公的機関の観光機関のDMO構築等の支援。

 法政大学大学院政策創造研究科卒業。大手旅行代理店グループで、観光マーケティング、プロモーションに従事後、旅の販促研究所主席研究員。独立後、平成26年、旅ラボ・ジャパン株式会社設立。代表取締役。

地域資源活性化アドバイザー(中小企業庁) 、観光コーディネーター、観光文化協会認定講師  2販路コーディネーター1級 ミラサポ専門委員 パソナ顧問ネットワーク  JTB中部交流文化部客員研究員、長野県商工会議所相談員。

金谷 貴生(かねたに たかお)

中小企業向け人財育成プログラム開発および、研修講師の実践。研修プログラムはオリジナルを中心としている研修はワークショップ形式を採用し、実践ではファシリテーターとして指導を行っています。

【専門分野】
・生産技術領域では、「自動化」、「組立性評価」、「IEによる作業改善」を踏まえた、生産設計
・品質管理領域では、「統計的品質管理」、「ゼロQC」に向けたデータ解析および、「品質マネジメント」プロセス設計
・コスト改善領域では、「作業改善」、「工程改善」、「設備改善」を基本とした、生産プロセス設計
【取得資格】
・DWF
・TWI-JI
・トヨタ生産方式トレーナー
・シックシグママスターブラックベルト
・ISO9001/14001内部監査人
・経営品質アセッサー

佐藤 節夫(さとう せつお)

中小企業診断士
「生産管理のプロ」です。印刷会社では、約30年、一貫して生産管理を担当し工場経営を実践してきました。生産管理の手法も大きく変わり、今はITを抜きに生産管理は語れません。しかし、高額のシステムを導入しても使いこなせないのが中小企業の現状です。ExcelやAccessレベルで簡単に管理できるノウハウを提供します。もちろん「現場改善」もお任せください。5S・IE・VEの手法を駆使して、無駄を排除し、コストを削減し、利益の出る体質にします。「100年続く企業・事業承継」が私のコンサルテーマです。

【専門分野】
・5S・IE・VEなどによる現場改善支援
・生産管理手法(計画作成・投入管理・進捗管理)による間接管理部門強化・効率化支援
・事業承継計画書作成支援による事業承継の促進
・後継者教育の継続的支援による経営基盤の強化
【取得資格】
・中小企業診断士

佐藤 俊一(さとう としかず)

中小企業診断士
*販売店開拓、販売店育成指導、販売店営業担当者教育、 マーケティング 調査分析、商品カタログ等販促ツール企画作成 販売促進策立案実施 等
*社内業務改革プロジェクト推進事務局(物流、納期改善)
新事業開発、事業化担当
*新開発商品 の 事業化において、製造・管理面(外注開発、育成指導)担当
*新規事業として「道の駅」指定管理者受託責任者。オープン準備責任者 (現地調整、
酒販免許取得、仕入先開拓等 H25 年 12 月 ~ 26 年 3 月 )
商品開発支援( H28 年 1 月 ~ H28 年 9 月 )
日本生産管理学会正会員(代議員)  日本経営診断学会正会員

末原 逸雄(すえはら いつお)

40年間にわたり流通業(スーパーマーケット)に従事し販売部、商品部、販売促進部を歴任したことにより商品開発、販路拡大、マーケティングに強みがある。

コンサルタントとして食品問屋の営業マン教育、販促企画会社、スーパーマーケットのコンサルを実施。現在台湾、中国のスーパーマーケットのコンサルティングを実施。
【専門分野】
食品の商品開発、販路拡大

髙木 大輔(たかぎ だいすけ)

サラリーマンとして19年間、食品流通業界で、商品管理、仕入業務、商品開発、営業を経験し、食を活かした地方創生が叫ばれている事もあり、サラリーマン時代の経験を地域活性化と食の6次産業化を政治の世界で取組みたいと考え、平成23年4月に佐倉市議会議員に立候補し、現在、二期目を迎えています。
また、議員活動では、食品流通業界の経験を活かして、食を通じた産業振興・農業の6次産業化など、地域資源の活用を検討し、行政に提案しています。

現在の取組みとしては、農水省が管轄している「食と農の景勝地」制度を千葉県の北総地域を認定し地域資源の見直しを行い地方創生に結び付ける取組みを行っています。
また、一方で、事業として、佐倉産のトマトやにんにくの生産量の向上をめざし、トマト、にんにくの加工商品の開発、販売チャネルの開拓を、佐倉社中合同会社として展開しています。

髙島 芳樹(たかしま よしき)

中小企業診断士
定量的分析だけでなく、定性的分析も得意としています。コンサルティングは仕組みの改革を行うことが多いですが、人の改革が非常に重要です。経営者や従業員、その他ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて人をやる気にさせることにより改革スピードは高まります。事業再生で培った泥臭いコンサルティングを得意としています。

【専門分野】
・事業再生(事業リストラ、財務リストラ)
・事業承継支援
・SCM(サプライチェーンマネジメント)構築支援
・事業承継計画の作成支援
・生産管理システムの導入支援
【取得資格】
・中小企業診断士
・事業承継士
・情報処理技術者システムアナリスト
・日商簿記2級
・食のプロデューサー レベル3

中林 明(なかばやし あきら)

観光コンサルタント
37年間西武セゾン及びJTBグループの旅行業で活躍。添乗員として国内海外を訪れる度に日本各地域の観光活性化に関心が高まり、埼玉県小江戸川越観光協会事務局長及び専務理事に応募し採用され、川越の観光活性化に取り組む。平成22年609万人を平成26年658万人に観光客増加に貢献した。 特に、旅行業の経験を生かし観光及びイベントによる地域の活性化を得意とし、「何が地域の魅力か?」に取組、自冶体・商工会議所・商店街等の組織団体・企業の講演依頼に対応。落研出身で面白く分かり易く時間が経つのが早いと好評。
【専門分野・主な講演テーマ】
・観光による地域活性化(自分たちでは気づかない地域観光の魅力とポイント)
・おもてなしの心(リピーターづくり)
・苦情対応(クレイマーとの交渉術)
・人材研修:ビジネスルール?と接客マナー
(印象アップ・身だしなみのポイント・挨拶・言葉づかい・電話対応・名刺交換)
・ハイキング教室(座学・実践)
【取得資格】
・総合旅行業務取扱主任者/旅程管理者
・宅地建物取扱主任者
・登山ガイドステージⅡ JMGA資格
・ファイナンシャル・プランニング技能士三級
・食のプロデューサー レベル3

西 真一(にし まさかず)

中小企業診断士
主に、工学、理化学、医学、生物学、IT、分野などの専門知識を必要とする分野。
支援事業者に必要な技術を持つ研究や専門家及び事業者を探し出し連携をコーディネートすることが多い。これまで平成 25年から4件の連携事業に携わり、中小企業者5社が連携して行う医療機器の開発プロジェクトのコーディネーターを務めている。これらの活動はビジネスモデルの策定、補助金申請の支援・採択、補助金を使った連携組織の立上げ及び連携コーディネートという一連の流れを作ってきた。ビジネスモデル立案のレベルから全体を通して支援を行うことができる。
平成25年26年に集中して経営革新を12件申請しており、その中で農業から生物学、シリコンウエハーの製造など様々な技術分野の申請を行っており、お客様からは、「これまで我々の技術や理論を理解できる診断士はいなかったが、よく理解してくれるので安心して任せることができる」との評価を頂くことが多く、口コミで仕事を頂くこともある。
加えて、療機器開発などは弁理士との仕事が多く、知的財産権を利用した必要技術を持つ企業や研究者の探索及び技術の侵害性の事前評価を行なった上で弁理士に橋渡しを行うなどを得意としている。また、補助金申請も得意としており、理解が困難な技術を一般の人にもわかりやすく表現することを得意としている。

福留 昭彦(ふくどめ あきひこ)

食品業界で仕事を長年続けてきており、食品に関するお客様のお悩みや困りごとを、お客様の会社の一 員として解決、改善、進化させることをモットーに現在も動き続けています。諦めず、常に前向きに進めていくことを、今までの経験と人脈で、クリアーしていきます。
専門分野は食品に関する、商品開発の企画・立案、販路開拓の手法と推進、販売戦略立案、営業教育など。
【取得資格】
・取得資格は危険物取扱者乙種4類 (取得:S62年12 月)
・惣菜管理士三級(取得:H6年8月)
・食生活アドバイザー3 級 (取得:H23年7月)2 級取得H23年11月 )
・食の検定・食農3 級(取得:H23 年)
・食品表示管理士初 級(取 得:H17年)
・色彩コーディネーター3級(取得:H23年12月)
・デリカアドバイザー(取 得:H26年3月)

細田 條(ほそだ まみち)

中小企業診断士
製造企業で38年間主に製品・技術開発、品質管理、生産管理部門を担当し、世界に誇る日本の「ものづくり」「日本式経営」の現場を体験してきました。定年後コンサルの世界に踏み込み、多くの企業の現場を目の当たりにしたとき、「世界に誇れるものづくり」が日本全体に浸透しているとは限らないと実感しました。私の経験がこのような企業の発展に大きく貢献できると考えます。
【専門分野】
・技術・製品開発、生産管理、品質管理、製造現場改善
・指定管理者
・企業再生
・経営革新計画作成
・食の6次産業化
【取得資格】
・中小企業診断士
・横浜市指定管理者第三者評価員
・食のプロデューサー レベル3

村山 誠一郎(むらやま せいいちろう)

中小業 診断士
商品及び販売方法開発 、 地域開発及び販路開拓支援が、食プロとして一日でも早くできる様に頑張ります 。
1.33年間に及ぶ飲食業経営及び食関連業の専門のコンサルとしての10年以上の経験によって、現場に役立つ実務的、効果的な支援を行っている。
2.中小企業診断士としての知見を生かし、クライアント企 業への総合的な視点からの組織だった分析を行い、系統だった支援を実行している 。
3.ファッション性やトレンドを活かし、時代感に即した支援を行っている。
4.海外視察及び海外での実務経験を活かし グローバルな視点での支援を行っている 。
専門分野:食関連業(製造から販売 飲食、食物販、宿泊業)の以下の分野
(ア)商品、営業コンセプト及びメニュー等商品自体の開発支援
(イ)生産性の改善支援(売り上げ向上、効率化、接客力、開発力、VMD(展示方法、
パッケージ )
(ウ)マネジメント改善支援 (5S雇用・ 採用力定着率、業務へのモチベーション)
(エ)施設改善支援(店頭、店全体等)
(オ)その他宣伝、販売促進支援

入会案内

入会案内

入会されて「地方創生」に向けた支援業務で
キャリアアップを図りたい方!


(1)コンサルタント会員希望
地域支援活動を実践し、積極的に当会の支援事業に関わる個人又は団体。

 (2)事業パートナー会員希望
本会の活動に参画、学習・研鑽に励み、支援専門家を目指す個人又は団体。

(3)法人会員希望
当会の活動に賛同し、地方創生サポート事業活動で連携等を希望する法人。

◆入会希望や支援に関する詳細は別途お問い合わせください。

直通 090-4838-5126 代表理事 鈴木栄治
直通 080-1246-7759 事務局長 金谷貴生

FAX:03-6759-1872 ※FAXは24時間対応

お問い合わせ

アクセス

JR神田駅 南口・西口改札出て徒歩5分